ごあいさつ

 

 富山県こどもこころの相談室は、2017年4月に富山市に開業した民間の心理相談室です

​​講演の計画をしている先生に超おススメ!!!

10代を対象にしたちょっと変わった講演会

 私は、毎週、約30人の相談者とお会いします。

​ その中で感じることがあります。日ごろ思っていること、感じていること、悩んでいること、困っていること、苦しいことなどをひとまず話してみることは、こころの相談や、カウンセリングの第一歩です。

 自分について考えたり、その時の気持ちを感じてみたりすることで、自分を客観的に振り返り、自分自身を知っていくことに繋がっていくからです。家族や友達に話すこととは違い、臨床心理士に話をすることで、気持ちがスッキリする(カタルシス効果)こともありますし、悩みごとについて臨床心理士と共に客観的に考えてみることよって新しい気づきが生まれることもあります。

 

 一方、言葉で話すこと(表現すること)が苦手な方は言葉の代わりに絵をかいてもらう方法(絵画療法)や、砂が入った木箱にミニチュアの人や物を置いて一つの作品を作ってもらう方法(箱庭療法)もあります。また、子どもは自分の気持ちを言葉で話すことが大人に比べて未熟なため、遊びを通して自分を表現する方法(遊戯療法)もあります。つまり、イメージをコミュニケーションの手段とするのです。このイメージを媒介として治癒が生じるという考え方もあります。臨床心理士はそこに表現された世界から、相談者の心の世界を理解していくのです。それは、相談者が自分について言葉で語っていることと同じ価値があります。

 今、抱えている悩みごとに対処する方法が見つからなかったり、やっても上手くいかなかったりすることもあります。そのような悩みごとに対して、臨床心理士はいろいろな角度から、あらゆる方法で相談者に合った対応を丁寧なコミュニケーションを積み重ねながら、共に考えていきます。それによって、悩みごとが軽減したり解決したりすることに向かっていくわけです。

 

 当相談室は子ども専門の心理相談室としてスタートしました。「こころ」のことが要因になって起きている子どもの症状は、自分の心や身体を守るための防衛反応と考えられます(これは大人も一緒です)。言動に対して大人が感情的に怒ったり、不適切に励ましたりすることで、問題は大きく、そして複雑になる可能性があります。子どもに何らかの心理的問題が起きている場合、このような悪循環に陥っていることが非常に多いのです。

 私たちは、成長していく中で色々な「問題」や「つまずき」に戸惑いながら人生を生きていきます。発達障害の診断を受けていても、子どもには「こころ」があります。病院や施設で訓練(トレーニング)を受けていればよいのだという安易な発想に対しては非常に危惧をしています。なぜならば、子どもも、親も人との深い人間関係を通して成長をしていくからです。

 子どもが表現する言葉や行動、そして症状の本質的な問題は何なのか、今、どのようなかかわりが必要なのか、子どもも、親も一緒に考えていきます。

〇当相談室のカウンセリングについて、よく尋ねられる100個の質問についてQ&A方式にしてあります、カウンセリングに興味がある方は、そちらのページもお読みください。 

当相談室は大きく5つの業務をしております。

1.カウンセリング(子ども・成人)

2.個別ペアレント・トレーニング(行動療法を用いた親に対する子育てトレーニング)

3.知能検査 WAIS-Ⅳ(成人)、WISC-Ⅴ(子ども)

​4.講演会、研修会の講師、雑誌や新聞等でのコラムの執筆・取材  

5.心理職に対するスーパーヴィジョンや、対人援助職者に対するコンサルテーション

 詳細は、各ページをご覧ください。

 「こころが成長する」ということは、楽観的になることでも、無理やり前を向くことでも、強制的に明るい方向に進もうとすることでも、キラキラと輝いた人生を送ることでも、苦しみを捨て去ることでも、楽しいことをしてつらい気持ちを紛らわすことでも無いのです。

 精神分析の創始者である、Sigmund Freud(ジークムント フロイト)は「特別な不幸をありきたりの不幸にすること」の大切さを述べています。「こころが成長する」ということは苦しく、つらく、不幸な状態であっても、それをこころで抱えながら生きていくことができるようになっていくことだと私は思います。

 私が臨床心理士になってからずっと大切にしている考え方があります。

 「こころの支援で大切なことは雲をなくすことではなくて、雲が広がりながらも時が過ぎていくこと。

                言い換えれば悩みを抱えながら生きて行けるようになることではないだろうか」ということです。

 臨床心理士は、こころの専門家です。

 子ども、保護者、そして成人の方、みなさんの「こころの成長」のお役に立つことがあると思っております。

              

富山県こどもこころの相談室 

代表 深澤大地

臨床心理士(16686号

​公認心理師(2112号)

公式Twitter https://mobile.twitter.com/tccr556      

公式Face book    https://ja-jp.facebook.com/TCCR556/

_20210605_185809.JPG